よく分からない!融資とは?

自分のお金のようでそうでない


銀行預金に自分のお金を預けていると、ATMなどを利用して自由にお金を引き出せます。引き出すときに手数料がかかるときがありますが、引き出したお金は自由に使えます。それ以降コストがかかるなどはありません。同じようにお金が利用できるサービスにカードローンがあります。キャッシュカードと同じようなカードで、ATMで操作をするとお金が出てきます。キャッシュカードと手続きが似ているので、自分のお金のように感じてしまいますが、これは融資サービスになります。融資は、金融機関からお金を借りる行為になります。借りているので、自分のお金ではありません。返すときは、借りたお金に加えて所定の利息を上乗せしないといけません。返済計画を立てて利用しましょう。


銀行口座と連動して自動的に融資


カードローンサービスは、銀行と消費者金融で利用できます。銀行のサービスを利用するとき、必ずしもその銀行の普通預金口座を持っている必要はありません。あると借入や返済がしやすくなるので、利便性は高まります。もし既に預金口座を持つ銀行でカードローンを利用するなら、便利なサービスを使ってみましょう。それは自動融資サービスです。日常的には預金残高である自分のお金を使います。お金の残高が少なくなって残高以上の引き出しをしたいとき、その金額を引き出します。残高以上なのにお金が出てきますが、残高を超える部分はカードローンによる融資が自動的に行われます。融資なので後で利息と一緒に返済をします。お金が少し足りないときなどにうまく使えます。